www.ausalpaca.com
私は十年ほど前、知人に連れられて海釣りに行ったことがあります。 その釣りは波打ち際で思い切り竿を振り、釣り糸を遠くへ投げ入れるという方法でした。 知人の指導を受けて実際に挑戦したところ、この動作は思ったよりも難しいのです。すぐ近くに釣り糸が落ちてしまったり、自分が前のめりになって転びそうになったりしました。 ただし、知人は何尾もの魚を釣りました。それを自宅へ持ち帰り、天ぷらにして食べたらとても美味でした。 今度は釣り堀に行こうということになり、私は再度釣りに挑戦しました。 出かけたのは、山間の渓流沿いにある釣り堀でした。そこにはたくさんの鱒が泳いでおり、素人の私でも釣れそうです。 早速釣り針にえさをしかけ、釣り糸を垂れました。すると、水中でぐいぐいと引っ張るような感触があります。 釣りの醍醐味は、やはりこの『あたり』を感じることでしょう。あわてて竿を引き上げてみると、釣り針に鱒がかかっていました。初めて自力で魚を釣り、とても嬉しかったのを覚えています。 時間と機会があれば、また釣りを満喫してみたいです。