www.ausalpaca.com
 現在コスプレは、アングラでニッチなオタク的なものから、非常にオープンでファッションに近いものになってきているように思います。もちろん漫画やアニメのキャラクターにふんするという意味で、オタク文化とは切り離せないものですが、オシャレとして楽しむ人々がふえてきているようです。  近いところでいえば、ビジュアル系のバンドにあこがれて、ビジュアル系のメイクを好む若者たちがそう言えるかもしれません。ファン同士の内輪の楽しみであると同時に、外部の人間に対して、自分はこのようなスタイルを好んでいるというアピールを行っているのではないかと思うのです。そういう意味で、コスプレの趣向は、内面的な好みの共有から、外部に対して自分の内面をさらけ出すという色合いを強めているのではないでしょうか。  確かに、以前に比べてオタク文化も幾分世間に認知されてきているように思われます。十数年前と違い、「コスプレ」や「同人誌」という単語の意味を、特にオタク文化に深くかかわっていない人々も知識として持つようになっています。これは、オタク文化の普及に伴い、オタクと一般人との垣根が低くなってきているということなのではないでしょうか。